現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 代表者挨拶

代表者挨拶

学長あいさつ

事業推進代表者
北海道公立大学法人札幌医科大学
学長 塚本 泰司

札幌医科大学、北海道大学、旭川医科大学及び北海道医療大学の4大学では、平成19年度から平成23年度まで、文部科学省「がんプロフェッショナル養成プラン」で選定された「北海道の総合力を生かすプロ養成プログラム」に取り組み、道内のがん医療の担い手となる高度な知識や技術を持つがん専門医師をはじめ、看護師や薬剤師などの医療技術者といった、がんに特化した医療人の養成を目的とした事業を展開してきました。

そして、平成24年度からは、同省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」で選定された「北海道がん医療を担う医療人養成プログラム」に基づき、4大学が道内地域医療機関と連携し、遠隔地の医療機関で研修する医師や地域の医療関係者に対して、地域医療に従事しながら、がんの専門教育を受けられるようにして、地域のがん専門医療人育成とがん医療のレベルの向上を目的とした事業展開を図ります。

具体的には、各大学の大学院に、地域のがん専門医療人(臨床腫瘍医、放射線治療医、緩和医療医、医学物理士、看護師、薬剤師)及び高度ながん研究能力を有するがん研究者を養成するための教育コースを設け、将来のがん医療人を育成します。

さらに、道内の地域には、がん治療に関する助言を必要とする地域の医療機関に対して、4大学が地域の医療機関に出向き、がんの症例を介して治療方針の意見交換、また、専門的な療法に関する説明を行う、「地域合同キャンサーボード・特別セミナー」を開催することとしております。
この事業により、地域のがん医療の向上及び地域のがん専門医療人の育成に少しでもつながることを期待しております。

さらに、札幌医科大学、北海道大学及び旭川医科大学では、がんに特化した講座を開設し、将来的にはがんに関する専門医療人・研究者を養成することを目指しており、現在、講座の円滑な実施運営が図られるよう準備を進めているところです。

最後に、このプログラムを通じまして、北海道における地域がん医療のレベル向上を目指し、地域医療に貢献してまいりたいと考えておりますので、皆さまにおかれましては、引き続き御支援を賜りますようお願い申し上げます。


最終更新日:2016年04月01日



メニュー